保護猫カフェへの第一歩 猫シェルターの大掃除


国体の開会式でにぎわう晴天の土曜日、

ねこにゃらーずの保護猫シェルターでは、

ボランティアが集まり、大掃除をしました。

「いらっしゃ~い♡」と大歓迎してくれるタビちゃん。




猫たちが遊ぶ庭は草刈り、

塀はペンキ塗り。


いつもはお庭で遊んでいる「おいちゃん」と「ふるえ」は

草刈り機から避難で室内へ。

「今日はにぎやかね」



Tシャツカットの雑巾づくりを、タビちゃんがチェック。



こちらは、保護猫カフェでは接待室となる予定の(現)物置です。

ボランティアさんが、窓も床も埃もキレイにしてくれます。


そんな物置では、エドがケージ内で療養中です。

エドは2日おきにしか食べません。

口の中が痛いので、流動食もすごく嫌がります。

介護の日が続いています。





「きょうちゃん」「おかき」「あられ」の一家は

遊んでくれとアピールがすごい。

掃除道具もおもちゃにしてしまいます。

お庭も塀もすっきりきれいになりました。

お手伝いいただいたボランティアさん、

ありがとうございました!



ねこにゃらカフェ

愛媛県松山市の地域猫啓発団体「ねこにゃらーず」の保護猫カフェです。